束縛,方法,女性

嫌われないで女性を束縛・独占する方法

 

大好きすぎて、束縛してしまう。
相手の行動のすべてが気になるし、相手にも自分を常に気にかけていてほしいと思う。

 

 

・・・そして、重くなりすぎて、フラれる。

 

 

相手を好きすぎて失敗する男性の典型ですね。
そして、私が初めて好きな子と付き合ったときに犯した失敗、そのものでもあります。

 

 

人によっては、絶対に犯さない失敗だと思いますが、逆に人によっては、「本当に好きな人ができたとき」には、常に起こしかねない失敗であると思います。
後者のタイプの人は、この「束縛したくなってしまう」問題を、どう解決すればいいのでしょう?

 

 

一つは、正攻法です。
つまり、「相手をきちんと信頼して、束縛しなくても自分に戻ってくるのだ、という自信を持つ」ということです。
一言で言えば、「束縛なんてしない、大きな男になろう!」というもの。

 

 

これは、ある程度はできます。私にもできました。
しかし、本当に好きな子ができたときには、三つ子の魂百までではないですが、やはり束縛というか、相手を自分色にしたい、というのが出てきてしまうのです。

 

 

この正攻法には非の打ち所がありません。正攻法をきちんとできれば、みんなが幸せになれます。
しかし、きちんとする、のが難しい。

 

 

ですので、私から、もう一つの提案があります。
それは、うまく束縛すること。

 

 

束縛の多くは、相手に直接文句を言ったり、相手が自分の意に沿わないと機嫌を壊したり、そういった「下手な束縛」によって生まれます。これでは、相手も嫌になってしまうのです。

 

 

ですから、もっとクレバーにやるのです。体験談にもありますが、怒らないですねるだけにするおとか、愛情ゆえの束縛だと相手に思わせるとか、だんだんと束縛のレベルを上げていき、気が付くと束縛が癖になっているとか、ですね。

 

 

私の考える束縛テクニックは「恋愛マニュアル.jp」の本編でいつかご披露するとして、このサイトは、女性が考える、嫌われずに女性を束縛・独占する方法です。
女性の経験上、この方法なら束縛されても嫌ではないな、という束縛の方法が、詰まっています。

 

 

束縛・依存・独占というテーマでは、恋愛商材もたくさんあり、一番有名なのだとガールズマインドハッカーとかはその系統です(そして、超優良教材です)。
しかし、恋愛商材は高い。

 

 

ですから、まずは完全に無料であるこのサイトで、女性が太鼓判を押す、嫌われずに束縛・独占する方法を身に着けて下さい。
それを実践し、まだ効果が薄いようであれば、そこで初めて次のステップを考えればいいでしょう。

 

 

長くなりましたが、彼女束縛・独占計画の成功を祈っております。
それでは、心行くまで、ご覧くださいませ。

 

 

恋愛商材レビューサイト「恋愛マニュアル.jp」管理人
恋愛コンサルタント
ゴルゴ如月

 

束縛・依存の恋愛商材