不倫の方法

不倫の方法

実は、最近不倫関係の話を聞くことが多いです。


もちろん、コンサルティングの本業で聞くわけではありません。(不倫が多い業界なのは、事実ですが)


仕事ではなく、私は別のサイトもいくつか運営していますので、そちらの関係で不倫の実態が大量に集まってくるんですよね。


私自身は既婚ではないので「自分が結婚している場合の不倫」の経験はないのですが、最近は不倫の方法にかなり詳しくなってしまいました(笑)


というわけで、今回は「不倫時に気を付けること」について書いていきたいと思います。

不倫で気を付けることは相手選び

まず、車の中にピアスがあった、などの典型的なバレるパターンというのは、気を付けていれば起こりません。


逆に言えば、そういうことが起きるというのは「相手がばらそうとしている」ということです。
配偶者に宣戦布告をしてきているということなのです。


不倫というのは、発覚した場合には慰謝料請求も普通にあるレベルの法律上の「不貞行為」になります。


ですから、「隠す恋」であることに疑いの余地はなく、隠すつもりのない人を不倫相手に選んだ時点でアウトになります。


不倫するときは、不倫相手選びが最も重要です。できれば「W不倫」のほうが、リスクを共有できるので望ましいかもしれませんね。


不倫時、スマホはいくら注意してもし過ぎではない

双方ばらすつもりのない、不倫。これがバレる経路の70%くらいは、スマホです。


配偶者にスマホを見られるのを防ぐためにロックをかけるのでは、まだ足りません。ロックをかけること自体、今までやっていなかったのに急にやったら怪しまれます。


ですから、ロックをかけるというよりも、スマホの扱いに関して今までと同じ行動をすることが大事です。


今までロックしていないのであれば、ロックしない。スマホをトイレに持ち込んだりもしないのです。その代わり、ガンガン不倫相手とのメールを消し、いつみられてもOKな状態にしておく。


これで浮気バレの7割くらいは防げます。


女性はニオイに敏感

相手がばらそうとしているのでもなく、スマホからバレたのでもない場合、バレるきっかけの多くは「におい」です。


女性はニオイに敏感です。不倫相手との情事の後、ホテルでシャワーを浴びてきても「汗のにおいがない」ことでバレたりします。


ですから、本当であればもともと香水をつける習慣があったりするとベストです。


それがない場合、不倫の後も汗をかいたままにすること(シャンプーしてから帰るなどは最悪です)や、不倫相手のにおいがうつらないように注意することなどが非常に重要です。


自分の車に不倫相手を載せるのは、なるべく避けた方がいいです。やむなく乗せてしまった場合には、無香料のファブリーズなどが有効です。


ニオイのコントロールは浮気・不倫する際の基本になりますので、要注意です。先ほど言いましたが、「もともと香水を使う」「もともとタバコを吸う」「もともとファブリーズしまくるタイプ」とかだと「急ににおいを気にするようになった」と思われないので、かなり有利です。


行動の変化にも気を付ける

決定的な証拠というより、「浮気じゃないか?」と疑い始めるきっかけは、行動の変化が多いです。


残業が急に増えた、休日に友達と遊ぶようになった、などですね。


ですから、こういった行動は少しずつ変化させていくことが重要です。もともとのあなたのイメージや環境をうまく使いましょう。


「もともと繁閑の差がはげしい仕事」「もともと趣味があり、休日は一人で行動する」などが周知されていればベストですが、そうでないのなら徐々に、徐々に環境を作っていくのが基本です。


共通の知人を作らない

最後に、バレるのは共通の知人からです。


「におい」でも「スマホ」でも「行動の変化」でもない場合には、共通の知人に見られていた、というケースが非常に多いです。


これを解決するためには、出会い自体を変える必要があります。


友人関係や、仕事関係で不倫相手を見つけるのはやめましょう。


出来れば今までの人間関係とは100%切り離されたところで不倫相手を見つけるのがいいと思います。


まとめ

今回は不倫の方法について書いてきました。
以下の5点がポイントです。


  1. 相手選び
  2. スマホに注意
  3. ニオイに注意
  4. 行動は徐々に変えていく
  5. 共有の知人を作らない出会いにする


このなかで一番大変なのが5番の「共通の知人を作らない」だと思います。


共通の知人を作らないためには、マッチングサイト(出会い系)を使うのが一番楽だと思います。個人的にはワクワクメールが一番いいと思いますが、優良出会い系であればどれでもOKです。


以上の5点に気を付け、バレない不倫に心がけてくださいね。


ワクワクメール

コメントを残す

サブコンテンツ

お気に入り

Tweet

このページの先頭へ

error: Content is protected !!