【後藤孝規のWMP】やはりNo.1おすすめ恋愛商材だった【再レビューまとめ】

後藤孝規のウーマンマスタープロジェクト レビュー

こんにちは、ゴルゴ如月です。


今回は、前回の後藤孝規のウーマンマスタープロジェクト レビュー(8章)に引き続き、9章(実録と解説編)をレビューしていきたいと思っ・・・ていましたが、変更したいと思います。


理由は、実録&解説編を見たのですが、実録動画をお見せできない中で「このあたり、さすが後藤さんですねー」「今のここは参考になりますよ!」とか言っても、ワケの分からんレビューになってしまうと思ったからです。


ですので、今回はウーマンマスタープロジェクトの再レビュー内容をコンパクトに振り返ってみようと思います。


最初に結論です。
控えめに言っても、この商材はモテるのにめちゃくちゃ役立ちます。


だからこそ、11時間の教材を10回にも分けて(1記事平均3000文字以上で)レビューしてきました。ゴミ商材でそれやっても、死にたくなるだけですからね(笑)


王道教材だけあって、2017年12月現在でもモテるのに役立つ(むしろモテるためのバイブル)とハッキリ言えます。


「嘘つけ!」と思う方もいるかもしれませんが、そういう方でも過去のレビューをすべて見ていただければ、この恋愛教材が扱う内容の充実ぶりに驚かれるのではないかと思っています。


0章マインド編はこちらから
後藤孝規のウーマンマスタープロジェクト レビュー(0章)

1章準備編はこちらから
後藤孝規のウーマンマスタープロジェクト レビュー(1章)

2章ポジショニング編はこちらから ★オススメ!
後藤孝規のウーマンマスタープロジェクト レビュー(2章)

3章出会い・ナンパ編はこちらから
後藤孝規のウーマンマスタープロジェクト レビュー(3章)

4章メール編はこちらから
後藤孝規のウーマンマスタープロジェクト レビュー(4章)

5章デート編はこちらから
後藤孝規のウーマンマスタープロジェクト レビュー(5章)

6章スキンシップ・セックス編はこちらから
後藤孝規のウーマンマスタープロジェクト レビュー(6章)

7章付き合い方編はこちらから
後藤孝規のウーマンマスタープロジェクト レビュー(7章)

8章恋愛テクニック編はこちらから
後藤孝規のウーマンマスタープロジェクト レビュー(8章)


ちなみに、これはウーマンマスタープロジェクトのレビューに限らない話ですが、実はこのサイト「恋愛マニュアル.jp」のコンセプトは「ずっと使える王道の恋愛商材だけを紹介するサイト」です。


ですので、例えば「mixiで女子高生と出会う方法」とか、「Pairsでセフレを量産する方法」とか、「神待ち掲示板で援交JKにハメまくる方法」のような教材は(持ってますが)レビューしてないんです。


理由は2つあって、1つは私にとって労力の無駄だからです。
すぐに使えなくなるテクニックが書いてあるということは、販売終了になるリスクが高いです。「※ この教材は2015年に販売終了しました」となってしまい、せっかく書いたレビューが無駄になってしまいます。


もう一つが、お客様にとって無駄だからです。
すぐに使えなくなるとわかっていて購入されたのなら良いのですが、そうでないとしたら損した気分になるのは確実です。紹介した私も、当然ながら信用を無くします。(当サイトから買ってくださった方は特典案内によって私のメールアドレスを知ることになるのですが、2014年から運営してきて、今のところそういった苦情を受けたことはありません)


前置きが長くなりまして申し訳ありません。


申し上げたかったのは、ウーマンマスタープロジェクトは「人類男女の恋愛心理のあり方」が劇的に変化しない限りはずっと使える内容で構成されているので、2018年目前の今でも最高の教材に変わりないです、ということです。


それでは、再レビューを簡単にまとめていきますね。


後藤孝規のウーマンマスタープロジェクトを評価・レビュー(0~2章)


まずはマインド編(0章)、準備編(1章)、ポジショニング編(2章)から。


何度も申し上げていますが、ポジショニング(2章)が全ての章の中で一番大事です。
ウーマンマスタープロジェクトは、女性に対して優位な立場を維持することが前提となっている教材なので、ここをマスターすることが全てです。


そういった構成なので、この「ポジショニングの考え方」とマッチするかしないかが、この恋愛商材との相性を決めるといっても過言ではありません。ですので、ここでまだ購入されていない方向けに「ウーマンマスタープロジェクトを買うべき人、買うべきでない人」を書きます。


買うべき人


<「買うべきでない人」以外>


⇒そりゃそうですよね。買うべきでない人がどういう人かは、この後説明していきます。


買うべきでない人

<すでにモテている方>


⇒言わずもがな。


<時間がない方>


⇒動画が、本当に11時間あります。2倍速でも聞ける教材ですが、それでも5時間以上はかかります。私は買った当時、あまりに勉強になる教材なので繰り返し聞いた結果、社会人の貴重な土日を両方つぶしました。


2万以上出してお蔵入りさせてしまうのは、あまりにももったいないです。やめておきましょう。


<Mっ気が強い方。女性にリードされたい方>
(例:女性にご飯をおごられることが何の苦にもならない方)


⇒こういう男性は結構多いと思いますが、買うべきではありません。やめておきましょう。


後藤さんからすると「こういうやつはモテない」になってしまうのかもしれませんが、「ヒモ系」「ペット系」「下から、下から系」でモテる人も存在します。出来るのなら、その方向性だっていいんです。


ですので、すでにそういうモテ方をされていたり、そういうモテ方を目指している方は、絶対に買ってはいけません。


<自分の何がダメなのか、修正点が明確な方>


⇒WMPではなく、個別教材を買いましょう。


例えばセックスがダメだとわかっているのなら、当サイトでは、「つぼみのセックステンプレート」をおすすめしてます。ウーマンマスタープロジェクトはどの項目も網羅してますが、全項目90点の教材です。その項目の専門教材にはかないません。


あとは、0章マインド編の、「女性はこういう生き物」「哲学を持つ」は秀逸です。


「女性はこういう生き物」の部分ですが、男性は女性に夢見がちですので、まずはここを読んで「女性に関する幻想」を取っ払うのが有効だと思います。特に男子校出身者。(私もそうです。妹がいたので、まだマシでしたが)


「哲学を持つ」は一朝一夕にはなりませんが、有効です。モテる男の条件は「自信がある男」とよく言われていると思いますが、後藤さん的に言えば、それが「哲学を持っているヤツ」なのだと思います。


正直、ウーマンマスタープロジェクトは「すべてが大事」なのですが(だからレビューの至る所で「ここが重要」と言ってしまってます笑)、この序盤(0~2章)は特に大事な気がしますね。


後藤孝規のウーマンマスタープロジェクトを評価・レビュー(3~5章)


次に、出会い編(3章)、メール編(4章)、デート編(5章)です。


たぶん出会いもメールもデートも、「恋愛商材でよく扱われる内容」なのですが、強いて言えばこの部分がこの教材の弱めなところですね。(あくまで相対的に。前半のマインド・ポジショニングと、後半の付き合い方・恋愛テクニックが強すぎるため)


出会い編について、ナンパなどのリアルな出会いについては、後藤さん自身がスカウトをしていた経歴の持ち主だけあってかなり実用的な内容になっています。


実例を駆使し、細かなパターン分け(職場の場合、合コンの場合、田舎の場合など)もあり、ナンパ教材としてもありうるレベルだと言えるでしょう。


しかし、いかんせんネット出会いが弱く、mixiテクニックが今は使えないことを除いたとしても、かなり消化不良な部分があります。


出会い系サイトやマッチングアプリを主戦場としている私からすると、この教材だけでネット出会いのテクニックを身に着けるのは厳しいです。


ネット出会いの教材ではないので仕方がない部分もありますが、ネット出会いだけで言うと、自宅ハーレム化マジックの半分の価値もないでしょう。


出会い編についてはちょっと辛口になりましたが、メール編は優れた内容です。ただし、ここも2章の「ポジショニングの考え方」をもとに構成されているので、それをメールに応用するとこうなるよ、という話です。


つまり、「ポジショニングの考え方~メールに応用した場合~」という内容であって、メールテクニックについては特殊なものはありません。他のメール教材で言われているような内容をうまくまとめた、という感じです。


だからといって、多くの人にとって価値がないわけではないです。私のように100以上の恋愛商材を集めたバカ(笑)からすると、メール編は(恋愛商材における)一般的な話だったな、ということですね。


メール系恋愛商材を一つも持っていなければ、普通に勉強になりますよ。


一方、デート編はかなりおすすめできます。出会い編(のネット出会い部分)やメール編とは打って変わってオリジナリティあふれる内容です。(後藤さんは、路上スカウト出身なので対面コミュニケーションのほうが得意なんでしょうね)


デートはそもそもポジショニングが重要ですし、主導権を握れないと相手との距離を縮められないので「いい人どまりで、エッチ系の話や行動までいけなかった」となる人が多いと思います。そういう人には、ここは非常におすすめです。


女性に優しく、レディーファースト、紳士的とは言われるが、「いい人どまり」になることがある方。ここに解決策がありますよ。(私自身、そうでした。ここは学びが大きいです)


後藤孝規のウーマンマスタープロジェクトを評価・レビュー(6~8章)


最後に、スキンシップ・セックス編(6章)、付き合い方編(7章)、恋愛テクニック編(8章)です。


6章について、実は私、以前にわざわざ1記事を書いて語ってしまったのですが、セックス教材は日本人男性全員が買うべきと思ってます。


なぜならば、セックス教材ほど、学びが大きい恋愛商材の分野はないからです。


「モテ教材を買ってモテるかどうか」にはぶっちゃけ相性があります。(だからこそ、ウーマンマスタープロジェクトをおすすめしない方はこんな人、というのをこの記事の中でも書きました)


しかし、セックス教材は違います。おそらくほぼすべての男性が、「女性を気持ちよくさせたい」「イカセたい」「虜にしたい」と思っているはずですし、完璧にそれをこなせてはいないのではないかと思います。


「虜に出来る」までいくかどうかは性格面の一致などもあるので約束できませんが、「女性を気持ちよくさせる、イカせる」なら、よほどのことがなければセックス教材を買えば達成できます。


・・・と、なぜかセックス教材の宣伝に走ってしまったのですが、ウーマンマスタープロジェクトのスキンシップ・セックスの6章はどうかといえば、セックス教材としても最低限の内容はおさえてます。


セックスにおいて、多くの日本人男性が(AVのせいで)誤解している部分を、きちんと説明しています。セックス教材ではないので、セックスの実践動画はないのですが、それでもセンスのいい人なら、この教材だけでセックスが上手くなると思います。


次に7章、付き合い方編。ここは軽視されがちな章ですが、私にとっては2章(ポジショニング)に次いで、2番目に重要な章です。


男性は「大好きな、可愛いあの子と付き合えるかどうか」を目的に恋愛商材を買う人がほとんどであって、「付き合った後(告白OKとなった後)、付き合い続けられるのかどうか」まで考えられている人は、少ないです。


しかし、実際に「一番好きな子」をゲットして有頂天になっても、1~2か月でフラれてしまっては意味がありません。


意味がないというとプラスマイナスゼロのようですが、実際にはそれどころか、そのあと「生きる屍(しかばね)」になってしまいます。私自身、経験者です。


この7章は、そうならないための考え方、テクニックを余すところなく披露してくれています。正直、この7章だけでひとつの恋愛商材として売り出しても十分成り立つ内容です。


「バレない浮気のやり方」「相手を傷つけずに上手に別れる方法」は使うか使わないかは人によると思いますが、もし使うならば有用です。


特に後者の「傷つけずに別れる方法」について、ネット出会いを主戦場としている私は「いいと思ったけど、何か違うなあ」というときに実際に使っているのですが、確かにケンカせずに別れられます。


なお、「妻との付き合い方、マンネリを避ける方法」について、私は独身なので、残念ながら離婚防止に使えるかどうかは言えません。ただし、彼女と長続きするのにも使える内容であり、その意味では効果があったテクニックであると申し添えておきます。


最後に8章、恋愛テクニック編です。


ここは、ほめる、いじる、キャラづくり、といった恋愛テクニックを紹介している章です。


重要、重要ばっかりいって申し訳ありませんが、ここは全て重要です。


ほめるといじるのバランスによって、だんだん女性はあなたを気にするようになっていきます。さらにキャラづくりに至っては、失敗してしまうと「結婚を前提としたお付き合い」でもしない限り、エッチできなくなったりします。


この章では、略奪愛のやり方など、割と特殊な恋愛についても詳しく紹介されているので、そういった予定がある人にもおすすめできる内容になっています。


(※なお、後藤さんは復縁・略奪愛の教材を出しています。復縁・略奪愛目的では、2017/12現在でも最高の内容です)
後藤孝規の revival love master レビュー・評価・感想


後藤孝規の woman master project まとめ


ここまで全10回にわたり、「後藤孝規の woman master project」のレビューを行ってきました。(読んでくださった方、本当にありがとうございます!)


私がこの教材に会ったのはずいぶん前になりますが、久しぶりに読んでも、当時と変わらぬ圧倒的な情報量で迎えてくれました(笑)


何よりもう一度読んで確信したのは、ウーマンマスタープロジェクトは普遍的(=本質的)な恋愛テクニックだけで構成されているということです。読み返しましたが、2018年目前の現在でも、使えなくなってしまったのは「mixiテクニック」の部分だけでした。


と、いうわけで、2017年12月の再レビューの結果、やはり当サイトNo.1おすすめ商材とさせていただきます。


以下は、私の特典の紹介ページです。当サイトは特典には絶対の自信がありますので、どんな特典があるのかだけでも見ていってくださいね。


後藤孝規のWoman master Projectのより詳細なレビュー・評価・感想はこちらをクリック(特典付き)


なお、いやらしいのでここまで一言も言ってこなかったのですが、実はウーマンマスタープロジェクトは全額返金保証付きです。(販売ページにきちんと書いてありますので、見てみてください。実は本編以外にも様々な特典がついてます)


価格は29,800円と、正直高価です。しかし、返金保証があって完全にノーリスクですので、ぜひお手に取ってみて下さい。私の言っていたことが嘘じゃなかったと、お分かりいただけるはずです。


それでは、また!

コメントを残す

サブコンテンツ

お気に入り

Tweet

このページの先頭へ

error: Content is protected !!