【5章デート編】後藤孝規のウーマンマスタープロジェクトを章ごとにレビュー【徹底評価】

後藤孝規のWoman master Project

こんにちは、ゴルゴ如月です。


今回は、前回の後藤孝規のウーマンマスタープロジェクト レビュー(4章)に引き続き、5章(デート編)をレビューしていきたいと思います。


それでは、さっそく参りましょう。


後藤孝規のウーマンマスタープロジェクトを評価・レビュー(5-1 デートの前に女性がチェックするポイント)


まずは第5章の1項(以後、5-1と表記します)「デートの前に女性がチェックするポイント」です。


  • デートで相手がチェックするポイント
  • 食事のマナー
  • エチケットとしてやっておくべきこと
  • レディファーストのやり方

女性はこの項で話したことは、めちゃくちゃ重視しています。
実際、出会い系サイトで出会った女性に、「なんで自分とエッチしてくれたのか?」と聞くと、よくある答えが「マナーがいいと思った」「レディーファーストだった」です。


特に、レディーファーストのやり方は重要です。
男性は、「奥に秘めたやさしさ」を重視して、それさえできていれば相手に伝わる、と思い込んでいる人が多いですが、それは100%間違いです。
女性は、内に秘めたやさしさなんて全く求めてません。というか、それを見抜く目はないです。


女性が求めているのは「うわっつらの優しさ」です。


「なんてひどいことを言うヤツなんだ!」と思われるかもしれませんが、これは事実です。


良く聞く話に、「イイ奴なのに、モテない」というのがあります。
そういう男は、決まって本当に良いヤツで、内に秘めたやさしさを持っています。
男友達はめっちゃ多く、愛されている。


しかし、そういうヤツに限って、モテない。
めっちゃ良いヤツなのに、ずっと彼女がいない。私の友達にもいます。


内面は磨いても、「うわっつら」の行動を軽視したために、女性からはモテないんです。
なぜなら、女性は表面的な情報で判断する生き物だからです。本当は良いヤツ、とかは分からないんです。


だから、レディーファーストとは「うわっつらの女性尊重」です。
具体的には、椅子を引いてあげるとか、車道側を男が歩くとか、すぐ「大丈夫?」って言う、とかです。
こうういった行動をとるだけで、あなたの勲章は「レディーファースト」に格上げです。
カンタンなので、やらない理由はないと思います。ぜひ試してみて下さい。


※なお、ドラマ化もした『LOVE理論』(水野愛也:著/大和書房)には「うわっつらkindness」という名前で紹介されています。
 このテクニックは本を読む前から知っていたものの、55個もあるとは知らなかったです。役に立ち、かつ面白い本なので、おすすめ。


後藤孝規のウーマンマスタープロジェクトを評価・レビュー(5-2 一度のデートでGETできるかの見極め方法)


次に、5-2「一度のデートでGETできるかの見極め方法」です。


ここは、ナンパで出会って不特定多数とエッチしたい人のための章です。
ナンパからエッチに持ち込む方法が語られています。


  • 一番簡単な見極め方
  • ポジショニングの利用法
  • ペースの握り方
  • GETできない人の特徴
  • セフレを作る方法
  • ねらい目な女性

ねらい目な女性、の部分は有用ですが、両刃の剣です。
確かに落としやすいのですが、付き合ってからの大変さを考えると、おすすめできるタイプではないですね。


後藤孝規のウーマンマスタープロジェクトを評価・レビュー(5-3 重要な立ち位置)


次に、5-3「重要な立ち位置」です。
またここはポジショニングの話になります。


  • デートのペースの握り方(デートでのポジショニングの保ち方)
  • ポジショニングの利用法
  • いい人どまりになる人の特徴
  • 女性を楽しませる力とは

ここはめちゃくちゃ重要です!
「いい人どまりになる人の特徴」は、ウーマンマスタープロジェクト全体でも屈指の内容です。


女性に優しい、レディーファーストとは言われるが、「いい人どまり」になることがある方。
こういう方は、ここの項の内容を心に刻み込めば、彼女に出来る率は目に見えて上がります。


私自身がそうだったので、ここは自信をもっておすすめできます。
ここで気づきを得られれば、ただの「いい人」の脱出は間近です。優しい男、必見です。


後藤孝規のウーマンマスタープロジェクトを評価・レビュー(5-4 本音と社交辞令)


次は、5-4「本音と社交辞令」です。
ここは、得意な人と不得意な人にはっきり分かれると思います。


営業とか、コンサルティングとか、人事とか、「人を見てナンボ」「人を説得してナンボ」という商売の人は、自然にできているところです。


もし、ゴリゴリのエンジニア等をしており、「相手が何を考えているか読むのが苦手」という方がいれば、非常に役に立つ部分だと思います。
(もちろん、エンジニアでもコミュニケーション能力が高い人は多いです。あくまで一例として)


  • 本音と社交辞令の見分け方
  • 男性の分かりやすい部分
  • 単純な男だと思わせない方が良い理由
  • 実は恋愛に発展しやすい状態とは


後藤孝規のウーマンマスタープロジェクトを評価・レビュー(5-5 恋愛意識の植え付け)


次は、5-5「恋愛意識の植え付け」です。
どうやれば相手に恋愛感情を持たせられるか、という話です。


  • イケメンではないがモテる人の特徴
  • トークが上手くない場合の対処法
  • 立ち位置の重要性
  • ギャップの重要性
  • 女性と共通する部分を持つことの重要性
  • 男慣れしている女性の対処法


ここでも、ポジショニング(立ち位置)の重要性が詳しく語られます。
ウーマンマスタープロジェクトのテクニックは、全てこの「ポジショニング」ありきです。


ここに自信のない方は、ウーマンマスタープロジェクトの2章を繰り返し見ておくことを強くお勧めします。


後藤孝規のウーマンマスタープロジェクトを評価・レビュー(5-6 待ち合わせからGETするまでの流れ)



次は、5-6「待ち合わせからGETするまでの流れ」です。


  • 待ち合わせにふさわしい場所
  • 待ち合わせで遅れた場合と遅れられた場合の違い
  • 自分が行きたい場所と、彼女が行きたい場所のどちらに行くべきか
  • ディナーにふさわしい場所
  • 飲むべきお酒
  • 女性にべったりされたらどうするのか
  • 終電を利用するのはNG


この項は、「まさにおっしゃる通り!」という内容です。
今まで築いてきたポジショニングを最大限に活用し、デートからエッチに持っていく方法です。


特に「女性にべったりされたらどうするのか」については、99%の男性は出来てません。
逆にココができるレベルになると、モテる男の仲間入りだと思います。


後藤孝規のウーマンマスタープロジェクト 5章のまとめ


以上が、後藤孝規のwoman master project (第5章)のレビューです。


5章のデート編は、出会い系やSNS、マッチングサイトから入ろうが、ストリートナンパから入ろうが、エッチするまでには誰もが通る道です。


当たり前ですが、デートさえうまくいけば、付き合うこともできます。セフレに出来るかもしれません。
ですので、この章の内容は、全男性必須の内容になります。


本文中にも書きましたが、この5章の内容の前提には、「2章 ポジショニング編」が深くかかわっています。
「ポジショニングってなんぞや?」という方は、2章のレビューをご覧いただければと思います。


後藤孝規のウーマンマスタープロジェクト レビュー(2章)


それでは、本日はここまでとさせていただきます。
次回は、6章のレビューに移ります。6章は、スキンシップ・セックス編になります。


次回はこちらからどうぞ。

後藤孝規のウーマンマスタープロジェクト レビュー(6章)


なお、このウーマンマスタープロジェクトは9章までありますので、このレビューはあと4回続く予定です。
先に販売ページを見てみたいという方は、こちらからどうぞ。特典付きです。


後藤孝規のWoman master Projectのより詳細なレビュー・評価・感想はこちらをクリック(特典付き)

コメントを残す

サブコンテンツ

お気に入り

このページの先頭へ